■住戸の位置による関係と省エネ対策について■

みなさんこんにちは、

リファインドの服部です。

今年も秋の不動産シーズンがやってきました、

物件のご見学依頼や住宅ローンのご相談は

ぜひ当社までお申し付けください!

今回は、皆様からご質問の多い

住戸の位置と省エネとの関係について

簡単にお話します。

これは実際に築浅物件でも出ている

データなのですが、

もっとも熱損失

(住戸内の熱は、屋根・壁・窓などから逃げていきます)

が少ないのは、

やっぱり中層階の中住戸なのだそうです。

理由は単純に、外気に接する面が少ないからですね。

また、上下左右のお部屋が冷暖房を入れてくれる事で

中住戸はある程度適温に維持される傾向があるようです。

しかし!

特に築浅マンションには一定の仕様がされておりますので、

中住戸でなくとも快適にお住まい頂けるかと思います。

■断熱材

基本的にはコンクリート壁の内側に

断熱材を入れる内断熱が一般的です。

(コンクリート壁の外側に断熱材を貼る

外断熱もあります。外断熱は、

コンクリートが断熱材によって

外気の影響を受けにくくなり、

建物が長持ちするというメリットもあります。)

■複層ガラス

熱を通しにくい複層ガラス

(ペアガラスと呼ばれることも多いですが、

ペアガラスは商標登録名なのだそうです。)

その名の通り二枚のガラスで構成された窓ガラスで

ガラス間に乾燥した空気(真空もしくは特別なガス)を

サンドイッチしているため、断熱効果が高く

結露等が発生しにくい利点があります。

採光や通風を考えると、窓は多いほど大きいほど

よいですが、その分断熱効果が弱まるのを

防ぐことができます。

■省エネルギー等級

省エネルギー対策等級を取得しているマンション

であれば、等級が高いほど建物の断熱性が上がり

冷暖房費を節約できると期待されます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

会員登録をすると、自分のペースでじっくり物件が探せます

>>リファインドのホームページを見てみる

 

-- 
※物件状況はリアルタイムで変動するため、
行き違いにて商談・成約となりました場合には 何卒ご了承くださいませ。

++;‘。*。++;‘。*。++
 
株式会社 リファインド
リファインド 北堀江本店
服部 里佳子
【宅地建物取引士】
【住宅ローンアドバイザー】
〒550-0014
大阪市西区北堀江二丁目10番18号
1階・2階
TEL: 06-6556-6411
FAX: 06-6556-6422
携帯: 070-6503-3461
E-mail: hattori@refind.co.jp
    info@refind.co.jp

西区の不動産情報が満載のHP↓
http://www.refind.co.jp/

 ++;‘。*。++;‘。*。++